ウォシュレット 瞬間式と貯湯式の違いは?

ウォシュレットには瞬間式と貯湯式の2種類のタイプがある

リフォームで温水洗浄便座シートタイプを取り付けるときに、瞬間式(しゅんかんしき)と貯湯式(ちょとうしき)の2種類から選ぶことになります。TOTOではウォシュレット®と言いますが、どちらにするのか決めるために、それぞれの特長を見ていきましょう。



瞬間式の特長

最初に瞬間式の特長ですが、お尻を洗浄する温水をその場でつくるタイプです。

(水を通るパイプにヒーターが内蔵されていて、使う時に瞬間的に温めてお湯にする)

一気に水を温めるのでそのときだけは電力を消費
しますが、使っていないときには消費がないので結果的には省エネになります。

TOTOアプリコットは瞬間式


TOTOウォシュレットの中に「アプリコット」というシリーズがあり、こちらの商品が瞬間式になっています。瞬間式は電気代をおさえることもでき、さらに機能性やデザイン性にも優れておりますので、清潔を保てる温水洗浄便座として人気があります。TOTOの「きれい除菌水」機能が欲しい!という方にはぴったりなウォシュレットです。

(TOTOウォシュレットカタログより)

ただ、取付工事をするあたっては、契約アンペア数の確認をしておかなければいけません。もし、エアコンや電気炊飯器などいくつもの家電を使っている時に、瞬間式のウォシュレットを使うとブレーカーが落ちる可能性があるため、現場の確認が必要です。

貯湯式の特長

続いて貯湯式は、温水を貯めるタンクが備え付けてあり、常時お湯をつくっては溜めて保温します。

(ヒーターで常にお湯を温めて、タンクの中に溜めておく方法。電気ポットのようなイメージ)

このタイプだと、連続してトイレを使う人がいる場合には、タンクのお湯が切れてしまうので使えなくなることがあります。また、使わないときにもお湯を作り保温するとなれば電力の消費量が多くなります。商品の価格は瞬間式より貯湯式のほうが安いですが、ランキングコストがかかることを考えると経済的とは言えません。

TOTO Sシリーズ・SBシリーズは貯湯式


TOTOウォシュレットの中では、SシリーズやSBシリーズが貯湯式になります。
(TOTOウォシュレットカタログより)

あと、注意しなければいけないのが、タンク内の温水に雑菌が発生することがあります。水道水の中には、雑菌を抑えるための塩素が入っていても保温をしていくと失われてしまいます。長期間利用していなかった場合などは、ノズルそうじなどをして溜めていたお湯の交換を行った方がよいでしょう。

家族の生活スタイルに合わせて選択

瞬間式と貯湯式の特長を明らかにしてきましたが、各世帯のトイレの使い方や重要視することを照らし合わせれば最適なタイプが選べます。初期費用だけに注目するのであれば貯湯式にしたほうが良いです。連続して使ったら温水がなくなるという欠点がありますが、単身世帯や夫婦だけといった少人数の使用であれば問題はありません。一方で長い目で見たときに電気代をおさえたいとか、家族で同じ時間帯に連続して使用する場合があるというならば瞬間式の方が向いています。

(TOTOウォシュレットカタログより)


トイレのリフォームをご検討の方はぜひ、鴨下でリフォームを!
お問い合わせはこちら から 
 

かもしたのリフォームに
ついて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

リフォームメニュー

お客様の声

お役立ち情報

かもしたのブログ

お問い合わせ