トイレのリフォーム5つのポイント

家の中でトイレは最も間取りが小さな空間です

トイレは一戸建ての住宅と集合住宅のマンションの両方に共通して間取りの中で最も面積が小さな空間ですが、面積が小さいからこそ抜かりなく計画してリフォームを施す事が利便性を高くするには大切です。

リフォームをする時には決めやすい所から決めていくのがスムーズなので、まずは床面に関する事から目を向けて計画しましょう。

ポイント1.床面はクッションフロア(CF)がおすすめ

床面に関する事が決めやすい理由はトイレという特性上、床面に用いる事に適している床材はクッションフロアという塩化ビニール素材で作られたクッション性のあるシート状の床材がおすすめです。

クッションフロアは、水にはもちろんアンモニアや洗剤などが触れても質感が変化したり着色する心配が少ない上に洗剤も難なく使用できる強さを有しているので、トイレという環境との相性が優れています。色柄が豊富で安価なことも魅力です。

他に、フローリング、プラスチックタイル(Pタイル)、タイル、セラミックなどお好みの空間を作ることができます。

ポイント2.実際にショールームで確認することが重要

トイレをリフォームする時はカタログやウェブサイトなどから情報を得て考える事の他に、ショールームにて実物を目にして判断する事も重要です。

質感や手触りは実物でないと分かりませんし、座り心地を確かめる時などは、実物でないと試せませんよね。 ショールームでは広い空間に実物が設置されているので、サイズが大きな物でも大きさについて感覚が分かりづらくなります。

【タンクレストイレ】

【組み合わせトイレ】

サイズが大きな物を選び自宅に導入した場合個室空間が狭く感じられることもしばしば。

ポイント3.自分の家に合っているか?

便器に座って過ごしている時は取り分けて気になる事が無くても、立ち上がった時にドアとの距離が近く感じられたり、掃除をする時に屈む事ができない状態だと利用する年月や機会が多くなるほど気になることがあります。

ショールームで便器に座ってみる時には自宅の個室の広さも忘れずに考慮しましょう。


ポイント4.トイレにコンセントはある?

また、築年数が古い一戸建て住宅の場合はトイレの中に電源が確保できるコンセントが備わっていない事が珍しくないので、温水便座の交換したい場合などは電源が確保できるように個室の中に新たにコンセントを作ってもらう事も欠かせません。

一戸建ての場合は個室の中にコンセントを作る要望を出せば、業者は作業の計画の中に盛り込んで要望通りに仕上げてくれますが、マンションでは電気関係の工事は管理組合などに許可を得なければならない事例も多いため、築年数が古いマンションにて生活をしていてコンセントを作ってもらいたい時には、前もって管理者に相談しておく事がポイントです。

ポイント5.タンクレス(一体形トイレ)か?組み合わせトイレか?上の写真も参照!

タンクレストイレはコンパクトで良いのですが、手洗いが別途必要です。ただ手洗いは設置しないということも出来ますし、コンパクトな分、掃除する箇所も少なくてすみます。またタンクに水が溜まるのを待つ必要がないので、連続で流せます。

ただ、停電の時はバケツなどを利用して流すしかありません。値段もちょっと高い場合が多いです。 組み合わせトイレは、手洗い器がついている(付けないことも可能)のと、一回分の水が常に溜まっているので停電時に便利です。タンクの分、ホースなどもあり掃除する箇所が増えます。

トイレに関するかも子ブログはこちら
https://www.kamosita.co.jp/blog/toilet/blog-9728/

これはご自宅の状況と好みや予算などに影響されるので、実物を見てから決めるのも良いでしょう。

横浜でトイレのリフォームを検討しているなら!

鴨下のショールームでは、いろいろなトイレを展示しています。

ネットでの情報や、オススメ情報、カタログなどたくさんありますが、実際に触ってみて、座ってみて決めるのが一番だと思っています。

ぜひ予約して見に来てください!
ショールームの詳細はこちらから>>

来場予約でお待ちしております!
来場予約はこちらから>>
 

かもしたのリフォームに
ついて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

リフォームメニュー

お客様の声

お役立ち情報

かもしたのブログ

お問い合わせ